任意売却を深く知りましょう|ピンチに役立つ情報を大公開

女性

返済を無理なく行える

硬貨

競売よりも高額で売却可能

何らかの理由で住宅ローンが支払えなくなった場合、住宅ローンを貸主である金融機関が、担保である不動産を裁判所での手続きを通して習得し、競売に掛けます。その競売を回避するための1つの方法として、任意売却と呼ばれる手続きがあります。任意売却は不動産コンサルタントが調整役となり、債権者と債務者の間に立って双方の合意を得ることで住宅の売買契約を結ぶことです。競売と違って裁判所が介入しないのが特徴です。そのため売買契約を結ぶ際には債務者も様々な融通を利かせられます。さらに任意売却は競売よりも高い市場価格で売却できるのも見逃せないメリットです。債務者にとっても、残った住宅ローンの無理のない返済を行っていけます。

必ず売買できる訳ではない

返済に行き詰まった住宅ローンの解決手段として、任意売却は利用されています。競売よりも高額で売却できるなどの利点も多いですが、注意点も当然存在します。特に気をつけておきたいのが、任意売却は必ず売買が成立する訳ではないという点です。あくまで任意ですから、債務者と債権者の双方の合意が必要です。交渉に失敗すれば住宅ローンはそのまま残り、担保として住宅は債権者の手に渡ります。任意売却を成立させるには、経験が豊富な不動産コンサルタントや弁護士の手助けが不可欠です。また任意売却の交渉のためには数カ月の期間が掛かる点も気をつけておくべき点です。その間に住宅ローンの返済が止まれば、信用機関に情報が登録されるため、交渉中のローンの返済についても考慮すべきです。