任意売却を深く知りましょう|ピンチに役立つ情報を大公開

女性

住宅ローンを払えない時は

説明

売却方法は2通りあります

もし住宅を購入して、ローンが払えなくなった場合はどうなるのでしょうか。そのような場合は競売、または任意売却を行うことになります。競売になると、ローンが払えなくなって数か月ほどで、家が通常の不動産価格よりも安い値で売りに出されます。転居費用なども出ませんし、関係者が出入りしますので、近所に競売のことがわかってしまうケースもあります。一方任意売却ですが、こちらは弁護士や業者に相談して売却する方法です。通常の不動産価格と、ほぼ同じくらいの値段で売却ができ、しかも転居費用も少しですが出してもらえます。競売と違って、関係者が出入りすることもありませんし、もし生活を支援してくれる人がいれば、売却したその家に住み続けることもできますので、かなりメリットは大きいです。

専門業者に頼むメリット

もし債務整理などで家を手放す場合は、まず弁護士に任意売却を相談してみましょう。ただし弁護士の場合は費用がかかります。相場としては、着手金が10万円から30万円ほど、そして成功報酬が同じくらいかかります。ただしもし任意売却ができなかった場合は、成功報酬は必要ありません。事務所によってもいくらか違いますので、最初の相談で聞いてみるといいでしょう。それから専門業者に相談する場合ですが、ローンを組んでいた金融機関から紹介されることもあります。業者の場合は、売却額から報酬を受け取るシステムですので、無料で売却ができます。ただし、あまりに高い転居費用を持ち出す業者は要注意です。転居費用は大体20万円くらいが上限ですので、その点に気をつけて選びましょう。