任意売却を深く知りましょう|ピンチに役立つ情報を大公開

女性

賃貸物件のお得な契約方法

貯金箱

契約時に必要な初期費用

賃貸物件を借り続けるためには毎月の家賃の支払いが必要になりますが、その家賃とは別に、契約時に初期費用と呼ばれる費用を支払う必要があります。初期費用とは、敷金や礼金、家賃の前払い金や仲介手数料といった複数の項目からなる出費であり、それぞれを契約を交わした賃貸物件の家賃一ヶ月から二か月分ほどの出費になるのが一般的になっています。つまり、家賃5万円の賃貸物件を借りる契約を交わす場合には、初期費用として20万円から40万円ほどの費用が必要になるケースが多くなっているのです。ただし、これは必ずしも必要になるわけではありません、中には仲介手数料無料といったように、契約にあたって初期費用が掛からないことを売りにしている賃貸物件もあるためです。

初期費用の節約

初期費用の節約を希望する場合には、この仲介手数料無料という条件が特に人気になっています。仲介手数料無料が人気の理由、それは後々自分に利することになる出費ではなく、払いきりの出費であるためになっています。例えば敷金の場合、家賃の支払いが遅れてしまったり、退去時の原状回復工事に掛かる費用の支払いを行う際に、この敷金からの出費が行われることになっています。純粋な出費ではなく、一時預け金という性質を持っているのが敷金なのです。そのため、場合によっては退去時に全額返還してもらうことができるため、敷金は基本的に支払いを節約する必要がない初期費用になっています。一方の仲介手数料は、契約時に仲介業務を行なってくれた不動産仲介業者に支払う費用、受けたサービスに対しての対価として性質を持つ費用になっています。そのため、仲介手数料無料の賃貸物件を選ぶことで、お得な契約にこぎつけることが可能になっており、人気を集めているのです。